株式会社H・L・P

一級プレハブドットコム

プレハブや住宅に関する情報ブログ

大型工場・倉庫・作業場・事務所等に最適な建物

システム建築

規格部材を組み合わせて設計し、計画的に生産できるから『システム建築』は早くて経済的、そして高品質を実現します。工場・倉庫・事務所・ドラッグストアやスーパー、ホームセンターなどの店舗・教育施設・公共施設・畜舎・農業用施設・スポーツ施設等、あらゆるニーズに対応し、そして短工期を実現します。建物を構成するメインフレームに寸法精度が高い「溶接軽量H形鋼」を採用。また、メインフレームの接合部には、高力ボルトの引張強度を活かした「斜めエンドプレート接合部工法」を採用することで、在来工法を上回る十分な強度と剛性を確保しています。「2階建タイプ」もラインナップに加わり、「店舗タイプ」と「倉庫タイプ」の2種類をご用意しました。

 大空間 鉄骨躯体の効果的な軽量化により、基礎や建物にかかる荷重負担を軽減し、
コストパフォーマンスの高い『大空間』を実現。
 短工期 規格部材を用いたシステム化と省資材化により、設計から部材生産、
現場施工までを合理化し、工期を短縮します。
 規格化 店舗等の建物を規格化し、パッケージ化することで、施設の早期開業や、
計画的なシリーズ展開が可能となります。

軽量H形鋼を用いて「大スパンの無柱空間」を実現
メインフレーム、サブフレームおよび二次部材に「溶接軽量H形鋼」を採用することで、大型スパンを実現しながらも、鉄骨重量を軽減し、経済設計と基礎の簡素化を実現します。また、高い寸法精度と施工性を実現し、優れた品質を確保します。
サブフレームの採用による設計の合理化
メインフレーム間にサブフレーム(間柱・小梁)を配置することで、理想的な荷重配分が可能となり、設計の合理化、二次鉄骨部材(胴縁・母屋など)の省資材化、これによる工期短縮と経済設計が可能となりました。

Pocket
LINEで送る